先輩のかっこいい車に乗りました

ずっと大好きな先輩がいます。先輩の車は真っ赤な外車なのです。
そしてオープンカーなので、とにかくかっこいいのです。
その車に乗りたくて、何度も先輩に乗せてとお願いしたのです。
でも彼女しか乗せないと言われたので、私は先輩に愛の告白をしたのです。

先輩は冗談だと思っていたらしくて、本気にしてくれませんでした。
でも私は真剣だったのです。
ずっと先輩には彼女がいると思っていたので、なかなか告白できなかったのです。
でも思いを伝える事ができたのです。

そしてやっと憧れの先輩の車に乗る事ができました。
小さいですが、オープンカーなのでとても涼しく風を感じる事ができます。
そして走っていると、誰もが振り向くのです。それほどまでに、とてもかっこいいのです。
ずっと憧れていたので、とても嬉しくなってきます。
そして先輩との距離も、とても近くなったのでこれも全部車のおかげなのです。

先輩も素敵ですが、この車ももっと大好きです。
いろんなところに、何度もドライブもしました。
毎日乗せてもらっていますが、全く飽きる事がありません。
私はいつだって、先輩の助手席で座っていられるのです。
こんなに楽しくて、嬉しい事はありません。
毎日が先輩のおかげでとても楽しいのです。

車の値引きには

自動車教習で路上教習に関する思い出

仮免許を取得した後の路上教習に関する思い出に関して、他の人が後部座席に乗って私が運転していた時の話ですが、
周囲に誰もいない所で教官がいきなり助手席につけてあるブレーキを急にかけたことが驚いた事です。
危険の状況ではなかったので、突然の出来事に後部座席に乗っていた人も驚きました。

教官はいきなり通行人が飛び出してきた時に急ブレーキをかけるという体験をさせたかったと私は認識しました。

また、その他の日の夜の教習中に、いきなり運転中に脇から猫が飛び出した事があって、
教官も気づかずに私が急ブレーキをかけたことが印象にあります。
幸いにも猫をはねずに済んだので良かったと思いました。猫が急に飛び出したという事は、
特にお年寄りの人を中心に道路に飛び出してくる事もありえるということを思い知らされました。

運転はドライバーが悪くなくても、歩行者をはねてしまったら
完全にドライバーが悪いという認識を持って路上教習を受けていました。
その他の出来事として、路上教習中に考え事をしていて、教官も私の事に気づきませんでした。
考え事をしている最中に、左のサイドミラーを電信柱にぶつけて、
自動車学校にサイドミラーの修理を弁償した事があります。

iPhone6の予約はこちら

トライクってかっこいい!!

バイクの魅力として、見た目はもちろん、風を切って走れる気持ちよさと、
細い道や渋滞でもスムーズに進める事だと思います。
冬は寒くてあまり乗りませんが、春や秋は走っていて本当に気持ち良いいです。

ただ、私はバイクで何度かスリップして転んでおり、その安定性だけが不安でした。
そこで今欲しいなと考えているのがトライクです。

3輪のバイクなので安定性には大変すぐれていて、尚且見た目もかっこいいんです。
ヘルメットの装着義務は無く、普通自動車以上があれば運転できます。
スクータータイプならトランクもあるので便利です。

私はスズキの黒ジェンマをコンプリートしたバイクを検討中です。
3輪なので大きくてごつくて存在感が感じられます。
そして、前輪1後輪2が今まで出ていましたが、
ヤマハから前輪2後輪1のタイプが40万円ほどで発売されるという事でこちらも注目しています。

  • 自動車売却ならここ!
  • 車買い換え
  • 可愛い女性教官と仲良く授業が出来た

    私がいった自動車教習所では担当がついてくれて、
    教官がお休みでない限り、ほとんどその人が見てくれました。
    私についてくれたのは若くて可愛い女性教官でした。

    私も女なので、ラブロマンスとかは勿論なかったです。
    でも狭い車内でむさいおっさんよりも、
    可愛い女の教官の方が安心して運転できました。

    恋人の話とか、バイク 査定結婚生活とか和気藹々と話ができて、
    リラックスして仮免までいけました。

    たまにおっさんの時があると、
    無愛想で緊張して上手くバック駐車ができなかったりと、
    散々な目にあったので、女性目線からでも可愛い女の教官のほうが良いです。

    ちなみに格好良い男性教官は皆無でした。

    免許を取るまでしっかりと面倒を見てくれて、
    合格を一緒に喜んでくれました。
    怖い男性教官のままだったらきっと、
    教習所に行きたくなくて免許が取れなかったかもしれませんでした。

    おんぼろの車でも大丈夫さ

     見た目が古くおんぼろでもきれいにしていればそれで大丈夫、
    ドライブは車では無く行程中のトークと食事、そして何より海が大事なのです。

     待ち合わせはどこでもいいのだけれど、
    彼女をあまり歩かせないように家の近くで拾うのが基本です。
    自分は午前中に待ち合わせします。

    彼女を乗せたら「最近どぉ」的な軽めのトークで庶民的な食堂などで昼食にします。
    昼間から豪勢な食事はするべきではないし、
    おしゃれ過ぎるのも却ってよくないのでこういった場所を選びます。
    デートはあくまで自然体で、というのが疲れなくて良いのです。

     食事が済んだら海に向かいます。
    これは天気次第だけど、晴れなら迷わずに行くのです。
    遠浅の海岸でも良いし、断崖絶壁の崖でも、
    とにかく海の様子が見えて風を感じられるところがベストです。
    海を見ると自然と心が開け素直な言葉が出てくるのです。

    外車 買取
    車を売却するなら

    因幡の白ウサギになってしまいました。

    私の学生時代、毛深いのが最大のコンプレックスでした。
    学生はお金がないので一番手軽な剃刀で剃る方法が一番多くしていた
    お手入れ方法です。

    皆で海に行こうという事になったのですが、もちろん無駄毛の処理をしないと
    このままの腕や足をさらすことはとても出来ません。
    毛はすぐに生えてくるので当日の朝に剃ることにしました。

    念入りに足も腕も脇も剃り、しっかりチェックして完璧です。
    楽しく海で遊んだのですが、なんということでしょう。
    海から上がってみると腕や足が赤くなっているではありませんか。
    特に足が酷く、ひざ下が本当に真っ赤!
    どうりで海水がしみると思いました・・・

    無駄毛を完璧に剃ろうと何度も剃刀で皮膚をこすったので、
    皮膚の表面が一緒に削れてしまっていたみたいです。
    しかも処理したのが当日の朝だという事で余計に海水がしみたようで
    因幡の白ウサギだと皆に笑われました。

    その後永久脱毛をしたのでこんな苦労はなくなりましたが、
    痛かったのと恥ずかしかったのとで、とても嫌な思い出です。

    家族で海水浴に出かけるドライブが私の思い出

    前の日の晩に浮き輪や水着など海で使うものすべてを車の中に放り込んでく
    後は自分たちがその車に乗り込むだけ。

    朝早くから父親の運転で母親と私と弟が乗り込みし少し遠くまで海水浴に出かける、
    そんなドライブが毎年のように行われるのが本当に嬉しく楽しみにしていた瞬間です。

    海につけば一目散に海に飛び込むのですがなんと言っても楽しみはその海に着くまでの道中にあります。

    車の中でみんなで歌を歌ったり時には休憩してトランプをしたり、
    サービスエリアでおいしいもの食べたりなどドライブをしなければ決してできないような経験を
    いっぱいできた事は今でも本当に素晴らしい思い出となっています。

    私たちを楽しい場所に連れて行ってくれ、
    また私たちが生活している家に戻ってきてくれる車は
    本当に私たちにとっては素晴らしい自動車 査定です。

    小さい時から大きくなるまで本当にドライブは最高の思い出作りでした。

    Hello world!

    WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

    これはグループ3のフッターリンクです。